メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中首脳会談

首相、関係改善に意欲 尖閣・歴史問題抱えたまま

 12日の日中首脳会談で、安倍晋三首相は「地域や世界の平和と繁栄に大きな責任を持つ両国が、緊密な意思疎通を保つことが重要だ」と訴え、首脳の相互訪問を軌道に乗せ、両国関係を改善することに強い意欲を示した。【ウラジオストク(ロシア極東)小山由宇、田辺佑介】

 首相は10日の自民党総裁選の演説会で「戦後日本外交の総決算」を目指すと宣言し、北方領土問題、日本人拉致問題の解決に加え「新しい段階の日中関係」を柱に掲げた。40年前に日中平和友好条約が発効した10月23日に訪中する方向で、習近平国家主席と会談し「第5の基本文書」の作成に向けた協議開始で合意することを目指している。

 日中間には(1)国交を正常化した1972年の日中共同声明(2)紛争解決を武力に訴えないことを確認し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです