プーチン露大統領

「日露平和条約 年内締結を」 条件抜き提案

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ウラジオストク(ロシア極東)大前仁】プーチン露大統領は12日、ウラジオストクで開かれた「東方経済フォーラム」で、安倍晋三首相に対し、「あらゆる前提条件を抜きにして、今年末までに平和条約を結ばないか」と呼びかけた。ロシア大統領が公の場でこのような提案をしたのは初めてで波紋を広げそうだ。

 これまで日露両国は北方四島の帰属を確認してから平和条約を結ぶことで原則一致してきた。北方領土問題の棚上げを示唆するプーチン氏の提案を日本が受け入れないのは確実だ。

 プーチン、安倍両氏は同日、フォーラムの全体会合に出席。プーチン氏は司会者の質問に答える形で発言し、その際、安倍氏も同席していた。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1050文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集