メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

米にらむ巨大演習=坂東賢治

 <moku-go>

 1980年に誕生したポーランドの自主管理労組「連帯」は東欧民主化の先駆け的存在だった。旧ソ連には不愉快な動きだったのだろう。翌81年9月、ソ連軍はポーランドに近い地域で大規模な軍事演習を実施する。

 10万人以上が参加し、ソ連史上最大の演習といわれた「ザーパド(西方)81」だ。「連帯」の大会に合わせた日程で、ポーランドに圧力をかける狙いが明らかだった。

 演習から3カ月後、同国のヤルゼルスキ政権は戒厳令を発令し、ワレサ委員長ら連帯幹部の逮捕に踏み切る。…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文983文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです