メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸軍前橋飛行場

特攻隊訓練に使用 証言集め映画で再現 福田元首相ら参加し上映会

映画「陸軍前橋飛行場」について語り合う(左から)福田康夫元首相、飯塚俊男監督、加藤陽子・東京大教授=8月31日

 群馬県でこの夏公開された、戦時中に特攻隊訓練に使われた飛行場についてのドキュメンタリー映画「陸軍前橋飛行場 私たちの村も戦場だった」の上映が続いている。飛行場の公的記録は軍が焼却して失われており、住民の日誌や証言、米国立公文書館に残された資料によって戦争の断面を記録に残した。

 前橋市出身の飯塚俊男監督が製作。1944(昭和19)年8月に田畑を買収して作られた飛行場を巡り、地域の人々が建設に駆り出されたこと、特攻隊員との交流、米軍による地域への空襲について証言を集めた。証言を裏付ける形で地元の人の日誌などを紹介。福田康夫…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文658文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです