メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

陣営に聞く/上 党員票55%超狙う 安倍氏選対 甘利明事務総長

毎日新聞のインタビューに答える甘利明衆院議員=国会内で12日、川田雅浩撮

 安倍晋三首相(63)の次の3年は経済政策「アベノミクス」を完成させる期間だ。デフレから脱却し、経済を成長軌道に乗せる。

 首相は最後の総裁任期で憲法改正を発議する努力をしなかったら政治家として責任放棄だと考え、国会の憲法審査会での議論を促している。改憲は優先順位が高いのではないか。

 首相には天性の人心掌握術があり、トランプ米大統領からもメルケル独首相からも「シンゾーが言うなら仕方がない」と頼りにされている。通商や個人情報保護の国際ルールを作るうえで、米国と欧州連合(EU)のつなぎ役は首相にしかできない。

 学校法人「森友学園」「加計学園」問題では、首相は所見発表演説会で「私は至らない人間だ」と述べた。本…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです