メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

自民党総裁選・1991年 3領袖を小沢氏面接

自民党総裁選での支援を求め小沢一郎前幹事長(左)との会談に臨む宮沢喜一元蔵相(右から2人目)=東京・永田町の小沢事務所で

 今年4月、自民党に「竹下派」が復活した。現在は第3派閥だが、約四半世紀前は竹下登元首相の下、100人を超える国会議員を抱え、「一致結束・箱弁当」の結束力で政局を取り仕切っていた最大派閥だった。その威力を最後に見せつけたのが1991年10月の自民党総裁選だった。

 竹下派を後ろ盾にした海部俊樹首相は、その年の9月末に政治改革法案が廃案の流れになると「重大な決意」を表明。衆院解散で打開を図ろうとしたが、竹下派の反対で解散はおろか総裁選への再選出馬も断念に追い込まれた。…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 博多の中1女子死亡 柔道事故 大外刈りの受け身練習、「時期尚早の可能性」 第三者委が指摘 /福岡
  3. どうすれば安全安心 迷子、事前にできること 「子どもの視野の狭さ」知って
  4. 柔道事故 練習で中学生重体 体格差69キロ 群馬・館林
  5. 体育授業中に中3死亡、両親提訴へ 両親「納得いく説明ない」 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです