メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中露

米批判で協調 「一国主義が台頭」「イデオロギーのとりこ」

東方経済フォーラムの関連イベントで乾杯するロシアのプーチン大統領(右)と中国の習近平国家主席=ロシア・ウラジオストクで11日、ロイター

 【ウラジオストク(ロシア極東)大前仁、北京・河津啓介】ウラジオストクで開催中の「東方経済フォーラム」は12日、全体会合を開き、プーチン露大統領や中国の習近平国家主席、安倍晋三首相らが出席した。その中でも中露首脳は経済協力を進める方針を明示するなど「友好関係」を強調。トランプ米政権が進める保護主義的な経済政策への批判でも歩調を合わせ、米国への対抗姿勢を鮮明にした。

 全体会合で演説したプーチン氏は2028年から新たな極東開発計画を始めると言及し、農業の生産向上や輸送手段の整備、先端技術の促進に取り組むと言明。同席した日中韓モンゴルの首脳に向けて「相互に利益をもたらすと確信している」と述べ、極東の経済開発に関与していくように呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです