メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

橋本麻里さん=日本美術の魅力を発信する「案内人」

橋本麻里(はしもと・まり)さん(45)

 刀剣から春画まで、守備範囲は幅広く、かつ深い。該博な知識と人をそらさない話術、そして文章で八面六臂(ろっぴ)の活躍を続ける「日本美術案内人」。肥後熊本藩主・細川家の文化財を展示する永青文庫(東京都文京区)の副館長だ。

 最近は日本美術の海外への紹介で、公的機関の助言役を務めることも。日本の文化や情報の発信拠点として、外務省が米英などで開設した「ジャパン・ハウス」には「『わびさび』といった日本美術の固定観念を壊して、新たな出合いを生んでほしい」と提言。省庁縦割りではなく、民間を…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文649文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです