メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

安倍氏、資産多く集金力も圧倒的 石破氏、メルマガなどで資金集め

 自民党総裁選は安倍晋三首相と石破茂元幹事長による本格論戦が始まった。演説会や記者会見では政策の違いは見えにくかったが、2人の資産や政治資金を調べると、それぞれの個性が見えてきた。

 個人資産は圧倒的に安倍氏に軍配が上がる。今年4月に公開された資産報告書によると、資産総額1億396万円の安倍氏に対し、石破氏は1555万円。特に不動産(土地・建物)の差は大きく、安倍氏が地元の山口県を中心に58件計7769万円相当(固定資産税課税標準額)を保有しているのに対し、石破氏は鳥取市内の自宅1555万円相当のみ。相続物件が大部分の安倍氏は、山梨県鳴沢村の別荘が唯一相続外の不動産だった。

 さらに、ゴルフが趣味の安倍氏は、地元の山口のほか、静岡、千葉、茨城、福岡各県の8ゴルフ場の会員権を…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです