メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
台風21号

3空港、潜在力を発揮 関空代替増便、受け入れ

 台風21号の浸水被害を受けた関西国際空港から、大阪(伊丹)空港と神戸空港への国際線振り替えが決まり、関西政財界にとって長年のスローガンだった「関西3空港の一体運営」が図らずも機能した。狭い範囲に3空港が建設され、かつては「過剰なインフラ投資だ」といった批判もあったが、訪日外国人による経済効果が無視できなくなった中で起きた非常時に3空港の潜在力が発揮された。

 「交通インフラへの影響が長期化した場合、訪日外国人消費や輸出、生産活動への影響が懸念される」。12…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文715文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです