点字毎日

第87回全国盲学校弁論大会 代表9人出そろう 福島の「コラッセふくしま」で10月5日

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第87回全国盲学校弁論大会全国大会(毎日新聞社点字毎日、毎日新聞東京・大阪・西部社会事業団、全国盲学校長会主催)が10月5日午前9時半から、福島市の複合施設「コラッセふくしま」の多目的ホールで開かれる。全国7地区の予選を経て選ばれた9人が出場する。今年も住友グループ広報委員会、公文教育研究会が特別協賛する。

 四天王寺大名誉教授の愼英弘(シンヨンホン)氏を審査員長とする計6人の審査員が論旨のほか、話術や聴衆の反応などを踏まえて上位入賞者を決める。今回の特別審査員は、東日本大震災後の福島からの発信が国内外で注目されている詩人の和合亮一さん。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文806文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集