メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY原油

2カ月ぶり高値 70ドル台、供給懸念で

 12日のニューヨーク原油先物相場は続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の10月渡しが前日比1.12ドル高の1バレル=70.37ドルと、7月20日以来約2カ月ぶりの高値で取引を終えた。

     米国の対イラン制裁再開で供給が減少するとの懸念が強まっていることに加え、朝方発表された米週間石油統計で原油在庫が市場の予想以上に減ったことも買い材料となり、相場を押し上げた。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
    3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
    4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
    5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです