メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国電力

銀座千疋屋と新会社設立へ イチゴを生産

イチゴ生産会社設立を発表し、銀座千疋屋の斎藤充社長(右)と握手を交わす佐伯勇人・四国電力社長=高松市の四電本店で2018年9月7日午後0時2分、植松晃一撮影

 四国電力(高松市)は、高級フルーツ店として知られる銀座千疋屋(東京都)などとイチゴを生産する新会社「あぐりぼん」を10月に設立すると発表した。青果物の流通を担う企業のほか、イチゴ栽培農家も出資するといい、農業分野の生産者や流通業者、小売業者と大手電力会社が共同で事業にあたる取り組みについて四電は「日本初では」と話している。【植松晃一】

 高松市内の四電本店で7日、佐伯勇人社長や斎藤充・銀座千疋屋社長が記者会見して明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文901文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです