南伊豆町

ギネス目指し、ところてん長さ100mに挑戦へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
会場となる伊浜漁港に立つ斎藤さん(左)。荷揚げ場(右)でテングサを煮て、防波堤(左奥)に組む長さ100メートルの木枠に煮汁を流し込む=静岡県南伊豆町伊浜で2018年9月12日午後2時36分、梁川淑広撮影
会場となる伊浜漁港に立つ斎藤さん(左)。荷揚げ場(右)でテングサを煮て、防波堤(左奥)に組む長さ100メートルの木枠に煮汁を流し込む=静岡県南伊豆町伊浜で2018年9月12日午後2時36分、梁川淑広撮影

 静岡県南伊豆町の伊浜漁港で16日、特産のところてんを使って地区のイメージアップと活性化を目指すイベントが開かれる。題して「第1回トコリンピック世界大会」。目玉は長さ100メートルのところてん作り挑戦で、ギネス世界記録の認定を目指す。

 伊浜はところてんの原料となるテングサの産地で、1950~60年代ごろは地区の主要産業だったが、高齢化でかつて30人近くいたテングサ漁師が現在は2人に減ったという。

 このため町と地元有志がイベントを企画。「ところてん早食い競争」(個人)や「流しところてんつかみ」(団体)などの競技を行うことにした。イベント名は、ところてんとオリンピックから。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文639文字)

あわせて読みたい

ニュース特集