メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分

別府温泉「保護地域」拡大へ 資源減少の兆候

 

 大分県は、温泉湧出(ゆうしゅつ)量日本一を誇る別府市内で温泉の新たな掘削を規制する「保護地域」を12月から市内のほぼ全域に拡大する。県環境審議会の温泉部会が7月、温泉の出が悪くなるなど資源減少の兆候がうかがえることを理由に、内規を変更した。

 温泉を新たに掘るには県知事の許可が必要で、申請があれば同審議会に諮問される。審議会は新規掘削を認めない「特別保護地域」と、既存の温泉から100メートル以上離れていることが条件の「保護地域」を定めて規制している。県内では保護地域でなくても60メートル以上離れていなければならないが、今回の保護地域拡大により、同市内のかなりの部分は、規制が「60メートル以上」から「100メートル以上」に拡がる。

 特別保護地域は従来▽別府駅を含む市中心部▽亀川地区▽鉄輪地区--の3カ所で、今回変更はなかった。保護地域は、特別保護地域を取り囲むように▽別府駅周辺▽亀川と鉄輪を含む市北部--の2カ所に設定されていたが、今回これが一体化したうえ、大幅に拡大。市の北端と南端の山間部を除き、市内の大部分が保護地域になる。【池内敬芳】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  3. トランプ氏 私室に招き夕食 安倍首相、親密ぶり強調
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです