メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川

球拾いで川に転落・死亡 野球部員遺族が監督ら告訴

 昨年11月に石川県立金沢西高野球部1年の男子生徒(当時15歳)が球拾い中に川に転落し死亡した事故で、父の松平忠雄さん(47)が同部の監督ら指導者3人を業務上過失致死容疑で金沢西署に告訴した。同署は受理し、同容疑で捜査している。【日向梓】

 受理は先月28日。同署は、事故直後から同容疑を視野に捜査を始め、部内での注意喚起や指導について監督らの過失の有無を調べている。

 事故は昨年11月5日午前10時半ごろ、同校グラウンドに隣接する新大徳川(水深約2・5メートル)で発生。男子生徒は、練習試合中に外野ネット(高さ約8メートル)を越えて川に落ちたホームランボールを拾おうとした際、誤って川に転落。2日後に搬送先の病院で死亡した。

 松平さんは取材に、告訴した理由について「このままでは事故が風化してしまいそうだと感じた。息子は先輩たちをまねてボールを拾っただけ。指導者には、部員を指導監督し安全を守る責任があることを第三者に判断してほしい」と話した。

 同高の山越善耀校長は12日、「告訴については詳細を把握していないためコメントできない」とし、事故については「以前から無理にボールを拾わないように指導していたが、事故が起こった以上、徹底されていない部分もあったと思う」と話した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  3. 大阪 川遊びの小3男児が行方不明 大和川
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです