メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊谷6人殺害

遺族が埼玉県を提訴へ 警告怠り被害に

 埼玉県熊谷市で2015年9月、男女6人が殺害された事件で、妻子3人が犠牲になった遺族の男性(45)が、強盗殺人罪などに問われたペルー人の男(33)=1審で死刑判決、控訴中=が熊谷署から逃走した情報などを県警が周辺住民に提供していれば被害に遭わなかった可能性が高いとして、県に約6400万円の損害賠償を求めて14日にさいたま地裁に提訴することが明らかになった。

 1審判決などによると、ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告は15年9月13日、任意同…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文534文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです