メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民

石破氏が近未来短編小説掲載 「イシバ内閣」の未来

自民党の石破茂元幹事長=渡部直樹撮影

自身の党総裁選の特設サイトに

 自民党の石破茂元幹事長(61)は12日、自身の党総裁選の特設サイトに自らの公約が実現した場合の近未来を描いた短編小説「柔らかい日本 あるいはイシバ内閣にワタシ達が夢想する未来」を掲載した。公約に掲げる地方創生や「不安のない子育て・老後」などへの注目を集め、支持を広げるのが狙いだ。

 主人公は、地方に暮らすシングルマザーの女子大学生。現在に比べて充実した子育て環境や、地方創生が進んだ将来の姿を紹介している。石破氏は登場しないが、石破氏の公約が実現された場合の社会像と一致していることが分かるようになっている。

 作者は架空の人物「瀬崎亮子」だが、石破派の赤沢亮正、平将明両衆院議員を中心に作成した。【浜中慎哉】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです