メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

買い取り価格を半減方針 25~27年度に

 経済産業省は12日の有識者会議で、家庭や事業者が太陽光で発電した電力を大手電力会社が買い取る価格に関して現行の半分程度にする方針を明らかにした。事業者が発電した太陽光の電力は、大手電力会社が安く買えるよう原則全てを入札対象にする案も示した。

     住宅用は2025~27年度に1キロワット時11円、事業用は22~24年度に8円50銭にする。それぞれ18年度の26円、18円に比べ半分程度に引き下げ、買い取り費用が上乗せされている電気料金を抑える狙いだ。

     新規契約者が対象で、家庭や事業者にとっては太陽光発電のうまみが減るが、30年の太陽光発電費用は17年実績の約3分の1程度まで下がるとの調査結果も挙げた。費用削減を実現している事業者の例も紹介した。

     現在、2000キロワット以上の大規模太陽光発電所(メガソーラー)などで実施している入札の対象は、原則的に事業者が発電した太陽光全てに拡大する。事業者間の競争を促し、大手電力会社の買い取り費用を抑える。地産地消型の小規模太陽光や中小水力発電を対象にするかどうかは慎重に議論する。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです