節電のため、明かりが少ないススキノの歓楽街の看板=札幌市中央区で2018年9月11日午後9時51分、竹内幹撮影

 北海道南西部の胆振地方を震源とする地震の発生から13日で1週間が経過した。電力供給に不安が残る中、北海道内に生産拠点や店舗などを持つ企業各社は活動を再開し始めており、政府が要請する「2割節電」の目標達成に向けさまざまな取り組みを進めている。【横山三加子、柳沢亮、藤渕志保、小倉祥徳】

 トヨタ自動車は…

続きを読む