メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アップル

新アイフォーン発表 6.5インチ版も

アップルが開催したアイフォーンなどの新商品発表会=米西部カリフォルニア州で、清水憲司撮影
アップルが発表した腕時計型端末「アップルウオッチ」の新製品=米西部カリフォルニア州で2018年9月12日、清水憲司撮影

 【クパチーノ(米カリフォルニア州)清水憲司】米アップルは12日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新商品3機種を発表した。最高級の「XSMax(テンエスマックス)」は従来より大きい6.5インチの画面で、価格は12万4800円(税別)とさらに高額化した。日米などで14日から予約を受け付け、21日に販売を開始する。

 米西部カリフォルニア州のアップル本社で新製品発表会を開いた。5.8インチ画面の「XS」は11万2800円(同)からで、10SMaxと同じ高精細の有機EL画面を搭載する。6.1インチの液晶画面を使った「XR(テンアール)」も10月19日から予約受け付けを開始し、同26日に発売。最低価格を8万4800円(同)に抑え、価格帯を広げることで利用者数の増加を狙う。

 いずれも、アイフォーンの発売10周年を記念して昨年発売した「X」と同様、ホームボタンがなく、スマホ前面いっぱいに画面を広げたデザインで、持ち主の顔を認識し、ロックを解除する「フェースID」を採用した。情報処理能力を高め、「XS」は写真の背景のぼかし具合を調節できるなど撮影機能を強化した。

 腕時計型端末「アップルウオッチ」の新製品も発表した。画面を約3割大きくしたほか、心電図をとれる機能を搭載。当局の認可が取れた国から順次、測定サービスを開始する。価格は4万5800円(同)から。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです