メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北連絡事務所

開城で14日に開所式

 韓国統一省は12日、北朝鮮・開城に設置する南北共同連絡事務所の開所式を14日に実施すると発表した。事務所には南北の当局者が常駐、韓国側の所長には統一省の千海成次官が任命され、北朝鮮側は祖国平和統一委員会の副委員長が就くという。事務所の設置は史上初で、南北は今後、常時意思疎通できるようになる。韓国政府は、南北関係の改善が米朝の非核化交渉を後押しするとの考えを示している。

 連絡事務所は南北当局者の交渉や実務協議、民間団体の交流を支援する機能も担う。南北間の連絡は24時間…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文551文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  3. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです