メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米連邦高裁

「ゲノム編集」技術の特許は応用者側に

 遺伝情報を持つDNAを自在に改変できる「ゲノム編集」技術の特許権争いで、米連邦高裁は11日までに、基本的な仕組みを開発した大学教授らの主張を退け、人の細胞への応用に成功した米ブロード研究所の研究者らに特許権を認めた。ゲノム編集技術は、ノーベル賞の対象として有力視されている。

 特許権が争われたのは「クリスパー・キャス9」という手法。米カリフォルニア大バークリー校のジェニファー・ダウドナ教授らのグループが2012…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです