大阪府や大阪市などは12日、科学技術の研究・開発に貢献した関西の若手研究者に贈る2018年度の大阪科学賞に、京都大大学院工学研究科の白石誠司教授(50)と、大阪大産業科学研究所の永井健治教授(49)を選んだと発表した。

 白石教授は、電子が持つ小さな磁石に似た特性であるスピンについて研究。スピンの流…

続きを読む