関空

増便受け入れ 伊丹が40回、神戸が30回

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高潮で浸水した関西国際空港の1期島=本社ヘリから幾島健太郎撮影
高潮で浸水した関西国際空港の1期島=本社ヘリから幾島健太郎撮影

国交省に回答 復旧までの特例・暫定的措置

 台風21号の影響で大幅減便となった関西国際空港の代替として、大阪(伊丹)空港と神戸空港での国際線を含む増便の受け入れが12日、決まった。伊丹空港の周辺10市でつくる「大阪国際空港周辺都市対策協議会」(10市協)が40回、神戸空港を所有する神戸市が30回の増便受け入れを同日、国土交通省に回答した。関西経済や好調なインバウンド(訪日外国人客)への影響を抑えるため、3空港一体で減便を補完する運用が始まる。

 ただ、国際線の受け入れには税関や検疫などの人員・設備が必要で、準備に1週間以上はかかるとみられる。また、航空会社が実際に就航させるかは現時点で不透明だ。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文661文字)

あわせて読みたい

ニュース特集