メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気象庁

硫黄島で海底噴火か 自衛隊機が水の噴出確認

 気象庁は12日、東京の硫黄島で海底噴火が発生したとみられると発表した。自衛隊機による観測で、島の南側の沿岸で海水が海面から5~10メートルの高さで噴き出しているのが確認されたという。

     気象庁によると、硫黄島では8日午前2時ごろから火山性地震の多い状態が続き、11日午後8時時ごろから火山性微動も起こっている。火山活動が活発化しており、今後も噴火する恐れがある。

     硫黄島は海上、航空両自衛隊の基地があり、民間人の上陸は制限されている。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
    3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです