メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気象庁

硫黄島で海底噴火か 自衛隊機が水の噴出確認

 気象庁は12日、東京の硫黄島で海底噴火が発生したとみられると発表した。自衛隊機による観測で、島の南側の沿岸で海水が海面から5~10メートルの高さで噴き出しているのが確認されたという。

     気象庁によると、硫黄島では8日午前2時ごろから火山性地震の多い状態が続き、11日午後8時時ごろから火山性微動も起こっている。火山活動が活発化しており、今後も噴火する恐れがある。

     硫黄島は海上、航空両自衛隊の基地があり、民間人の上陸は制限されている。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
    3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
    4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
    5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです