メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

国側が憲法適合性、改めて主張回避

仙台地裁で第3回口頭弁論

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき10代で不妊手術を強制されたとして、宮城県の60代と70代の女性2人が起こした国家賠償請求訴訟の第3回口頭弁論が12日、仙台地裁(中島基至裁判長)であった。国側は、不妊手術の正当性や法律の憲法適合性への見解について「主要な争点ではない」と改めて主張を回…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです