メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜

豚コレラ、岐阜県が8月下旬に異変把握

防疫措置の完了を受け、今後の対応方針を協議した対策本部会議=県庁で2018年9月12日午後6時4分、岡正勝撮影

 岐阜市の養豚場で国内では26年ぶりとなる豚(とん)コレラウイルスが検出された問題で、岐阜県は12日、防疫対策本部会議を開き、今月上旬に豚が多数死ぬ前の8月下旬、既に豚の衰弱や死などの異変を把握していたことを明らかにした。これまで県は、今月3日に同市畜産課の獣医師から死んだ豚の検査を依頼され、異常の把握につながったと説明していた。対応の遅れにより被害が拡大した可能性があり、県は今後検証を進める。

 県によると、先月24日、同市畜産課の獣医師から「治療してもよくならない豚がいる」と相談を受け、同日中に養豚場の豚6頭の血液検査を実施した。6頭は、高熱やぐったりして餌を食べないなどの症状がみられ、感染症の可能性があったものの、豚舎の送風機が故障していたことから県は熱中症と判断。ウイルス感染の有無を調べる簡易検査もしなかった。また、6頭の他に死んだ豚もいたが、頭数などを確認しなかった。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです