メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空

1強、見直し微風 伊丹と神戸の増便受け入れ

関西3空港を巡る経過

特例名目、にじむ「歓迎」

 台風21号で大きな被害を受けた関西国際空港の代替として大阪(伊丹)、神戸の両空港で、国際線も含めた増便の受け入れが決まった。「非常事態」として図らずも関西3空港の役割分担の見直しが動き出す形となった。ただ、伊丹、神戸で70便の振り替えを全て引き受けても関空発着の15%程度。関空の復旧が急務であることは変わらず、実際に国際線が就航するのかは不透明だが、自治体や経済界は「その後」の議論を見据える。

 「関西の空のネットワークが毀損(きそん)されている中、スムーズに意思決定ができた」。12日早朝、大…

この記事は有料記事です。

残り2225文字(全文2486文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです