メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー

かけがえのない瞬間を映画にしたかった「きみの鳥はうたえる」三宅唱監督

左から、染谷将太さん、石橋静河さん、柄本佑さん (c)HAKODATE CINEMA IRIS

 僕にはこの夏がいつまでも続くような気がした。9月になっても10月になっても、次の季節はやってこないように思える--。「僕」に扮した柄本佑さんの低く落ち着いたトーンのモノローグで物語が始まる、映画「きみの鳥はうたえる」(2018年)。スクリーンからは、男2人、女1人の揺れ動く感情だけでなく、首筋をつたうじっとりとした汗までも、生々しく伝わってくる。「自分自身、あるいは自分と親しい人間の物語として映画を感じてもらえたら」。脚本も手掛けた新鋭、三宅唱監督(34)は語る。【西田佐保子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです