メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー

かけがえのない瞬間を映画にしたかった「きみの鳥はうたえる」三宅唱監督

左から、染谷将太さん、石橋静河さん、柄本佑さん (c)HAKODATE CINEMA IRIS

 僕にはこの夏がいつまでも続くような気がした。9月になっても10月になっても、次の季節はやってこないように思える--。「僕」に扮した柄本佑さんの低く落ち着いたトーンのモノローグで、映画「きみの鳥はうたえる」(2018年)の物語は始まる。スクリーンからは、男2人、女1人の揺れ動く感情だけでなく、首筋をつたうじっとりとした汗までも、生々しく伝わってくる。「自分自身、あるいは自分と親しい人間の物語として映画を感じてもらえたら」と、脚本も手掛けた新鋭、三宅唱監督(34)は語る。【西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り2812文字(全文3056文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです