メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

三太郎たちの名前に込められた親の想いが明らかに! 新CM「家族を話そう。」篇 9月13日(木)よりOA開始(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について



2018年9月13日

KDDI株式会社

三太郎がそれぞれの親役として登場!
“桃太郎”“浦島太郎”“金太郎”の名前に込められた親の想いが明らかに!
新CM 「家族を話そう。」篇
2018年9月13日(木)よりOA開始

 KDDI、沖縄セルラーは、 “三太郎シリーズ”の最新作として「家族を話そう。」篇のTVCMを、2018年9月13日(木)より全国で放映開始します。
 新CMは、三太郎たちの名前に込められた、親たちの想いが明かされるストーリー。金太郎の家でお泊り会をしている三太郎。桃太郎が「浦島太郎って、浦島が苗字なんだよね?」と尋ねると、「そう!浦島、太郎!」と答える浦島太郎。舞台は三太郎の親たちの時代にうつります。腕に抱かれた赤ちゃんを見て「可愛さハンパねー!」と話す浦島の父と、赤ちゃんをあやす浦島の母。そこへお祝いにやってきた桃太郎の爺と金太郎の父。金太郎の父が「名前は?」と尋ねると、浦島の父は「今考え中!」と、“強太郎”“優太郎”“賢太郎”と、様々な意味の込められた名前の候補が書かれた紙を見ながら悩んでいます。そんな父に「太郎」と一言声を掛ける母。驚く浦島の父に「いいのよ、名前に色々こめなくても。元気でさえいてくれたら」と話す母。そんな母の言葉に父も納得したようで「太郎か・・・」と呟きます。そして三太郎たちの時代に戻ると、「シンプルだけど・・・(金太郎)」「いい名前だよね(桃太郎)」と話す桃太郎と金太郎に、「うん、気に入ってる」と自慢げに答える浦島太郎なのでした。

新CMはau公式YouTubeチャンネルにてご覧いただけます。
(YouTube公式チャンネル) http://www.youtube.com/user/aubyKDDIofficial
(YouTube) https://youtu.be/-XsW0Wiasrw
さらに、三太郎スペシャルサイトでもご覧いただけます。 
(PC/SP) https://www.au.com/pr/cm/3taro/


新CM 「家族を話そう。」篇
【CMストーリー】
 金ちゃんの家でお泊り会をしている三太郎。布団の中で、桃太郎が「浦島太郎って、浦島が苗字なんだよね?」と尋ねると「太郎が名前ってことだ」と金太郎が続けます。「そう!浦島、太郎!」と浦島太郎が答えると、三太郎の親たちの時代に舞台がうつります。腕に抱かれた赤ちゃんを見て「可愛さハンパねー!」と話す浦島の父。赤ちゃんをあやす浦島の母は「やめろつってんだろ!!」と浦島の父を叱ります。そこに、「めでたーい!」とやってきた金太郎の父と桃太郎の爺。桃太郎の爺が「男の子なんだって?」と尋ねると、浦島の母は「この人にそっくりなのよ!」と話します。「名前は?」と尋ねる金太郎の父に、浦島の父が「今考え中!」と話すと、「うちは桃太郎」と桃太郎の爺。「桃からパッカーンだもんね」と話す浦島の母に「そう、パッカーン」とパッカーンのポーズをする桃太郎の爺。続けて金太郎の父が「うちは金太郎」と話すと、浦島の父に「お金好きだもんな~」といじられます。金太郎の父も「そう、お金お金って!やめんか!」とノリツッコミをし、みんなが笑い合う中、「この子には、強くて、優しくて・・・ 」と名前の候補が書かれた紙を見ながら悩む浦島の父。 “強太郎”“優太郎”“賢太郎”と、それぞれ意味が込められた名前の候補が書かれた紙を見ながら悩む父に、母は「太郎」と一言声を掛けます。驚く浦島の父に「いいのよ、名前に色々こめなくても。元気でさえいてくれたら」と話す母。そんな母の言葉に「太郎か・・・」と納得した様子の父。現実に戻り、「シンプルだけど(金太郎)」「いい名前だよね(桃太郎)」と話す桃太郎と金太郎に、「うん、気に入ってる」と自慢げに答える浦島太郎。桃太郎が「金ちゃんってなんで金太郎なの?」と尋ねると浦島太郎が「お金好きだもんね~」といじります。そんな2人にすかさず、「そう、お金くださいくださいってやめんかい!(金太郎)」とツッコミを入れ、いつか見た様なやり取りをして笑い合う三太郎なのでした。

【撮影エピソード】
 今回それぞれの親役を演じていただくべく、衣装を新たに制作しました。これまでとは違う衣装を着た三太郎と乙ちゃんは、その変貌ぶりに、お互いの姿を見合って笑い合い、和気あいあいとした雰囲気での撮影となりました。また、それぞれ親の役を演じるにあたって、少しずつ演技を変えており、その芸の細かさは必見です。
 撮影日当日は、猛暑の中の過酷な撮影ではありましたが、愛くるしい赤ちゃんの姿にスタッフは終始和やかムード。まるで本物の我が子のように、抱いた赤ちゃんを優しい瞳で見つめる浦島の母の姿は、乙姫役ではなかなか見ることのできない、菜々緒さんの貴重なシーンとなりました。また、うちわや扇風機が手放せないほどの暑さでの撮影でしたが、とびっきりの笑顔をくれた赤ちゃんのおかげで撮影をスムーズに終えることが出来ました。

























情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです