メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

中敷きで足裏革命 群馬のメーカー、認知症予防も期待

旧作(左奥)からカーボン製の最新作(右)まで、何度も改良を重ねてきた=みなかみ町相俣で、神内亜実撮影

 けが予防、健康は“足裏”から--。五輪メダリストら国内外200人以上のトップアスリートに愛用されている靴のインソール(中敷き)メーカーが最近、医療分野に進出し、認知症予防効果の研究も進めている。この会社は、従業員10人ほどの群馬県みなかみ町の「BMZ」=高橋毅社長(61)。足の骨格を緻密に分析して生み出したインソールは安定性と運動性を兼ね備える。目指すのは「インソール革命」だ。【神内亜実】

 「靴と一体になる」。ソチ、平昌五輪のノルディック複合個人ノーマルヒルで2大会連続の銀メダルを獲得し…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです