メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

愛しのアイリーン 俗物、それでもいい

 40歳を過ぎて独身、実家暮らしの岩男(安田顕)、頭の中は女のことばかり。岩男を溺愛する母親ツル(木野花)は、息子の結婚相手探しに血眼だ。岩男が勤めるパチンコ店の同僚愛子(河井青葉)は、岩男に気を持たせた揚げ句に「本気になられては困る」と言い放つ。岩男はやけになってフィリピンの嫁買いツアーで見つけたアイリーン(ナッツ・シトイ)と結婚するものの、彼女は家族を養うための金が目当て。セックスを求める岩男を猛烈に拒絶する……。

 とまあ、登場するのは俗物ばかり。むき出しの本音が冷めた笑いになるものの、えげつなくて共感どころでは…

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1354文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  2. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  3. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです