メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

「Ainu ひと」 アイヌの伝統と今、刻むために 北海道・平取町 4人の古老に密着

ドキュメンタリー映画「Ainu ひと」の溝口尚美監督=神戸市中央区で、倉田陶子撮影

 日本の先住民族で、今も北海道に暮らすアイヌ民族の文化や暮らしに密着したドキュメンタリー「Ainuひと」が15日、神戸の元町映画館などで全国に先駆けて公開される。溝口尚美監督は、「日本ではアイヌについて知らない人が多いが、豊かな文化をかっこいいと思ってもらえたらうれしい」と話す。【倉田陶子】

 かつてアイヌモシリ(アイヌの大地)と呼ばれた北海道日高地方の平取町には、今も多くのアイヌ民族が暮らしている。アイヌ文化研究に多大な貢献をし、参院議員を務めた故・萱野茂の出身地でもある。明治政府は1869年以降、北海道の開拓を始め、アイヌ民族を「平民」として戸籍を作り、同化政策を進めたため、アイヌ文化は急速に衰退していった。それから約150年、アイヌ語を含めた独自文化継承のために力を尽くしてきた4人の古老の姿を丁寧に追った。

 「私自身、アイヌ民族に詳しかったわけではない」と話す溝口監督は、兵庫県加東市出身。映像制作会社を経…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文1050文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです