メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

空の玄関10日ぶり活気 関空、商業施設も営業再開 第1ターミナル

多くの旅行客で混み合う第1ターミナル国際線出発ロビー=関西国際空港で2018年9月14日午前8時58分、小出洋平撮影

 西日本の空の玄関口、関西国際空港のメインターミナルにおよそ10日ぶりに明るさと活気が戻った。先に稼働していた第2ターミナルに続き、日本航空や全日空など大半の航空会社が利用する第1ターミナルの南側部分が14日に再開され、朝からスーツケースを抱えた利用客が行き交った。

 国際線で最初の到着便となった独ルフトハンザ航空の便で関空に降り立ったミヒャエル・グルノーさん(42)は、「機内は半分ほど空席だったけれど、いいフライトだった」。台風の影響で予約していたフランクフルト発の便の関空への運航が危ぶまれていたが、出発前日になって予定通り飛ぶことが分かった。別ルートで先に日…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文710文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです