メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チェック

中敷きで足裏革命 認知症予防も期待 群馬のメーカー

 けが予防、健康は“足裏”から--。五輪メダリストら国内外200人以上のトップアスリートに愛用されている靴のインソール(中敷き)メーカーが最近、医療分野に進出し、認知症予防効果の研究も進めている。この会社は、従業員10人ほどの群馬県みなかみ町の「BMZ」=高橋毅社長(61)。足の骨格を緻密に分析して生み出したインソールは安定性と運動性を兼ね備える。目指すのは「インソール革命」だ。【神内亜実】

 「靴と一体になる」。ソチ、平昌五輪のノルディック複合個人ノーマルヒルで2大会連続の銀メダルを獲得し…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1089文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです