メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

中敷きで足裏革命 認知症予防も期待 群馬のメーカー

 けが予防、健康は“足裏”から--。五輪メダリストら国内外200人以上のトップアスリートに愛用されている靴のインソール(中敷き)メーカーが最近、医療分野に進出し、認知症予防効果の研究も進めている。この会社は、従業員10人ほどの群馬県みなかみ町の「BMZ」=高橋毅社長(61)。足の骨格を緻密に分析して生み出したインソールは安定性と運動性を兼ね備える。目指すのは「インソール革命」だ。【神内亜実】

 「靴と一体になる」。ソチ、平昌五輪のノルディック複合個人ノーマルヒルで2大会連続の銀メダルを獲得し…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1089文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明
  4. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです