メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜・豚コレラ

野生イノシシ陽性反応 養豚場と関連調査

 岐阜市の養豚場で国内では26年ぶりとなる豚(とん)コレラウイルスが検出された問題で、岐阜県は14日、岐阜市内で野生イノシシの死骸が見つかり、簡易検査で豚コレラウイルスの陽性反応が出たと発表した。県は農林水産省に遺伝子解析による精密検査を依頼した。

 県によると13日、養豚場から7~8キロ離れた道路脇水路で、住民から「イノシシが1頭死んでいる」と市に通報があった。体長約1メートルの雌で、死期は不明。市から連絡を受けた県は、県中央家畜保健衛生所で簡易検査を実施し、14日早朝に陽性反応が出た。

 県は現場周辺の消毒を終え、死骸を14日中に焼却する。死骸の発見場所から半径10キロ圏内を調査対象区…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文775文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです