使用済み核燃料

操業認めぬよう、むつ市に要望書 中間貯蔵施設で市民 /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 原発の再稼働などに反対する県内外の市民団体13団体が13日、むつ市役所を訪れ、同市にある使用済み核燃料の中間貯蔵施設の操業を認めないよう市企画政策部の吉田和久部長に要望書を手渡した。

 要望書では、2016年の高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉決定などから、「国の核燃サイクルをめぐる状況は大きく変化している」と指摘。同市…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

あわせて読みたい

注目の特集