メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/11 寺で講演、在宅ホスピス医 「こんな最期」想像して /東京

内藤いづみ医師の講演は笑いと涙に包まれていた=新潟市の妙光寺で

 新潟市の妙光寺で8月末に行われた「送り盆」のトークイベントで、在宅ホスピス医の内藤いづみさん(62)が甲府市から呼ばれて講演した。演題は「いのちを学び、未来を選ぶ」。生きている人と死者が出会う寺という場所で「みとり」の話を聞くのは、なかなか味わい深かった。

 この寺は1989年、日本で最初にできた合葬式共同墓「安穏廟(あんのんびょう)」の寺として知られる。血縁ではなく「寺友」をつくって墓に入ろう、という運動を、前住職の小川英爾さん(65)が始めた。「平成の葬送大変動」の発端となる出来事だったけれど、実は、檀家(だんか)制度の危機を見越しての、お寺のあり方の模索でもあった。

 ただ、古くからの檀信徒と、首都圏在住の新しい会員たちの融和をどうするか。そのことに心をくだいた小川…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1099文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです