メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/11 寺で講演、在宅ホスピス医 「こんな最期」想像して /東京

内藤いづみ医師の講演は笑いと涙に包まれていた=新潟市の妙光寺で

 新潟市の妙光寺で8月末に行われた「送り盆」のトークイベントで、在宅ホスピス医の内藤いづみさん(62)が甲府市から呼ばれて講演した。演題は「いのちを学び、未来を選ぶ」。生きている人と死者が出会う寺という場所で「みとり」の話を聞くのは、なかなか味わい深かった。

 この寺は1989年、日本で最初にできた合葬式共同墓「安穏廟(あんのんびょう)」の寺として知られる。血縁ではなく「寺友」をつくって墓に入ろう、という運動を、前住職の小川英爾さん(65)が始めた。「平成の葬送大変動」の発端となる出来事だったけれど、実は、檀家(だんか)制度の危機を見越しての、お寺のあり方の模索でもあった。

 ただ、古くからの檀信徒と、首都圏在住の新しい会員たちの融和をどうするか。そのことに心をくだいた小川…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1099文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです