メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊問題 「当事者へ呼びかけを」 弁護士会、県に救済策申し入れ /和歌山

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの強制的な不妊手術が行われた問題で、和歌山弁護士会(山下俊治会長)は13日、当事者の救済に向けて取り組むよう県に文書で申し入れた。当事者らに手術に関する記録の存在を個別に伝え、相談窓口を案内することなどを求めている。

 厚生労働省によると、県には強制手術の申請記録は193人分あり、127人については手術記録が確認されている。

 申し入れ書では、救済のためには当事者の証言やカルテなど関係資料が不可欠だと指摘。記録の存在を知らせ…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文473文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  4. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです