メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊問題 「当事者へ呼びかけを」 弁護士会、県に救済策申し入れ /和歌山

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの強制的な不妊手術が行われた問題で、和歌山弁護士会(山下俊治会長)は13日、当事者の救済に向けて取り組むよう県に文書で申し入れた。当事者らに手術に関する記録の存在を個別に伝え、相談窓口を案内することなどを求めている。

 厚生労働省によると、県には強制手術の申請記録は193人分あり、127人については手術記録が確認されている。

 申し入れ書では、救済のためには当事者の証言やカルテなど関係資料が不可欠だと指摘。記録の存在を知らせ…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文473文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金質問箱 Q 厚生年金加入条件、会社によって違う?=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  2. 年金質問箱 Q 働いて厚生年金加入 受給額いくら減るか=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  3. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  4. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  5. みんなの広場 万博開催、本当に必要なのか=マンション管理員・村山雅昭・76

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです