メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチン露大統領

「前提条件なしで平和条約締結を」 経済・領土で揺さぶり

北方領土を巡る主な動き

 ロシアのプーチン大統領が12日、安倍晋三首相に対し「あらゆる前提条件を抜きにして、年末までに平和条約を結べないか」と投げかけた。北方領土の帰属を確認してから平和条約を締結することで従来日露両国は原則合意しており、発言に先立つ日露首脳会談でもプーチン氏はこの種の発言をしていない。突然の「提案」にプーチン氏はどんな意図を込めたのか。さまざまな臆測を呼んでいる。一方、日本政府は発言を冷静に受けとめる姿勢を見せてはいるものの、「領土問題棚上げ」の流れを押し返す決定打はなく、追い込まれている。

 プーチン氏の「提案」が飛び出したのは、ロシア極東ウラジオストクで開かれた「東方経済フォーラム」の全…

この記事は有料記事です。

残り1902文字(全文2197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです