メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

仏と皇室の深い関係=西川恵

 <kin-gon>

 フランスを訪問されていた皇太子さまは9日間の日程を終えてあす帰国される。

 昭和天皇が皇太子時代に訪仏されてから約100年。フランスは日本の皇室に尊敬の念を抱き、いつも温かく迎えてきた。今回もそうだった。

 訪仏した皇太子さまは、まず第2の都市リヨンなど地方を回り、10日パリに入った。各国元首はナポレオンの遺骸を安置したアンバリッド(廃兵院)で歓迎を受けるが、皇太子さまの歓迎式典も元首並みにここでもたれた。閣僚らが交代で食事会をもち、12日はマクロン大統領がめったに使わないパリ郊外のベルサイユ宮殿で夕食会を催した。

 来年の天皇即位を見据えると共に、政治、経済、安全保障面での昨今の両国の関係深化とも無縁ではないだろ…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです