メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

住宅被災、保険で補償される? 災害の種類次第 契約内容の確認を=回答・大和田香織

西日本豪雨では多くの家屋が倒壊した=広島県呉市で2018年7月7日、小出洋平撮影

 なるほドリ 台風に地震(じしん)と災害(さいがい)が続いているね。風で家の屋根が飛んだり土砂崩(どしゃくず)れで壊(こわ)れたりしたらどうしよう。

 記者 台風は「住まいの保険(ほけん)」と呼ばれる火災保険でカバーできますよ。日本損害(そんがい)保険協会によると、一部の古いタイプの保険を除き風水害、雪や雷(かみなり)による損害も契約(けいやく)内容次第で補償(ほしょう)されます。最近は住宅地でも、ゲリラ豪雨(ごうう)でマンホールから水が噴(ふ)き出して住宅が浸水(しんすい)する被害(ひがい)が増えており、注目されています。建物と家財(かざい)、それぞれ契約が必要です。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです