メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

アジア大会から東京五輪へ 受け継ぎたい熱と調和=小林悠太(東京運動部)

ジャカルタ・アジア大会の閉会式で選手たちと一緒に参加するボランティアら=インドネシア・ジャカルタのブンカルノ競技場で2日

 インドネシアのジャワ島にある首都ジャカルタとスマトラ島南部のパレンバンで分散開催された第18回アジア大会は2日、16日間にわたる熱戦の幕を下ろした。スポーツの祭典の運営に不慣れだったため、トラブルは多かったが、インドネシアの人々の大会を歓迎し、楽しむ熱気は想像以上だった。人々が歓迎する機運の醸成こそが2020年東京五輪・パラリンピックの成功の鍵の一つと実感した。

 2日の閉会式当日、ジャカルタの主会場・ブンカルノ競技場周辺には朝から多くの人々が集まり、記念撮影を…

この記事は有料記事です。

残り1804文字(全文2037文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B
  3. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  4. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです