メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

アジア大会から東京五輪へ 受け継ぎたい熱と調和=小林悠太(東京運動部)

ジャカルタ・アジア大会の閉会式で選手たちと一緒に参加するボランティアら=インドネシア・ジャカルタのブンカルノ競技場で2日

 インドネシアのジャワ島にある首都ジャカルタとスマトラ島南部のパレンバンで分散開催された第18回アジア大会は2日、16日間にわたる熱戦の幕を下ろした。スポーツの祭典の運営に不慣れだったため、トラブルは多かったが、インドネシアの人々の大会を歓迎し、楽しむ熱気は想像以上だった。人々が歓迎する機運の醸成こそが2020年東京五輪・パラリンピックの成功の鍵の一つと実感した。

 2日の閉会式当日、ジャカルタの主会場・ブンカルノ競技場周辺には朝から多くの人々が集まり、記念撮影を…

この記事は有料記事です。

残り1804文字(全文2037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  5. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです