メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中東

魅惑のスーク(市場)を歩く モロッコ/エジプト/サウジアラビア/シリア

内戦下でもにぎわうシリアの首都ダマスカスのスーク

 中東・北アフリカには、魅惑的なスーク(市場)が多い。砂漠の民は古来、ヒツジの肉、香辛料、衣服、そして魔よけのお守りまであらゆるものを集めて売買してきた。道が複雑に入り組むスークは「迷路」さながらで、観光客には外せないスポットでもある。各地の楽しいスークを歩いてみた。【カイロ篠田航一】

 ◆モロッコ

迷路の先、一流革職人

 「世界最大の迷路」と呼ばれるのがモロッコの古都フェズのスークだ。世界遺産に指定された9世紀ごろ建造…

この記事は有料記事です。

残り1942文字(全文2151文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです