メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オスロ合意

25年 中東和平、なお遠く 米、イスラエル寄り鮮明に

UNRWA運営のソフタウィ保健センターで理学療法士からマッサージを受けるユーセフちゃん(1)。出産時の負傷で右腕がまひし、週3回、リハビリに通う。この施設も予算不足で人員削減が始まっている=ガザ北部で2018年9月6日午前、高橋宗男撮影

 パレスチナとイスラエルが共存する中東和平への道筋を定めたパレスチナ暫定自治宣言(オスロ合意)の調印から13日で25年がたった。歴史的合意を仲介した米国だが、トランプ政権は今も和平の実現を目指すとしながらも、イスラエル寄りの姿勢を鮮明にし、パレスチナへの圧力を強化している。合意から四半世紀を経て米パレスチナ関係は最悪レベルに陥り、和平の実現はとても見通せない状況だ。【ガザ市(パレスチナ自治区ガザ地区)で高橋宗男】

 約8万人のパレスチナ難民が暮らすガザ市近郊のビーチキャンプ。「自分で荷物を運ぶ人が増えている。少し…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. ORICON NEWS 第160回「芥川賞」「直木賞」が決定 古市憲寿氏は逃す「がーーーーーん」
  5. 五輪コンサルの男に禁錮刑 シンガポール地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです