メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
オスロ合意

25年 中東和平、なお遠く 米、イスラエル寄り鮮明に

UNRWA運営のソフタウィ保健センターで理学療法士からマッサージを受けるユーセフちゃん(1)。出産時の負傷で右腕がまひし、週3回、リハビリに通う。この施設も予算不足で人員削減が始まっている=ガザ北部で2018年9月6日午前、高橋宗男撮影

 パレスチナとイスラエルが共存する中東和平への道筋を定めたパレスチナ暫定自治宣言(オスロ合意)の調印から13日で25年がたった。歴史的合意を仲介した米国だが、トランプ政権は今も和平の実現を目指すとしながらも、イスラエル寄りの姿勢を鮮明にし、パレスチナへの圧力を強化している。合意から四半世紀を経て米パレスチナ関係は最悪レベルに陥り、和平の実現はとても見通せない状況だ。【ガザ市(パレスチナ自治区ガザ地区)で高橋宗男】

 約8万人のパレスチナ難民が暮らすガザ市近郊のビーチキャンプ。「自分で荷物を運ぶ人が増えている。少し…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1033文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  2. SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  3. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです