メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

リーマン・ショック10年/下 日銀緩和で過剰融資 金融政策、正常化遠く

シェアハウス「かぼちゃの馬車」として販売された物件。入居率は低迷しているという=東京都内で2018年9月12日、深津誠撮影(写真の一部を加工しています)

 東京都23区内の最寄り駅から徒歩約10分の住宅街に、真新しい戸建てサイズの集合住宅が並ぶ。不動産会社スマートデイズ(東京都)が今年4月の破綻前、女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」としてオーナーに販売した物件だ。このうちの1棟の男性オーナーは「15戸中、半分程度しか埋まっていない。当初聞かされた説明とは大違いだ」と憤慨する。

 スマートデイズは「賃料全額保証」を売り文句に、副業目当ての会社員らに1億円程度のローンを組ませ、物…

この記事は有料記事です。

残り1250文字(全文1465文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  4. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです