メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

就活ルール廃止論に反発する前に=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 経団連の中西宏明新会長が就活ルールの廃止に言及したことが大きな波紋を呼んでいる。

 就活ルールとは、新卒の就職活動の時期や方法を事細かく規制する企業同士の申し合わせであり、大学側は就職活動の早期化が学業の妨げになることを防ぐために必要だと唱えてきた。企業側にも新卒一括採用・終身年功制の日本型雇用慣行の維持に有用だという声がある。ところが長年にわたりいろいろと修正を繰り返したにもかかわらず、ルールの形骸化が進んできた。

 日本の大学生はこんなルールの存在しない欧米の大学生と比べて勉強しないことが知られている。40年前、…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです