メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

明治維新・戊辰戦争150年 第73期本因坊戦を詠む 歴史、石の音に重ね

萩対局で、封じ手開封を前に1日目の盤面を再現する本因坊文裕=上入来尚撮影

 囲碁の第73期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社・日本棋院・関西棋院主催、大和証券グループ協賛)を制した本因坊文裕(29)=井山裕太九段=が18日、東京都内のホテル椿山荘東京で就位式に臨む。明治維新・戊辰戦争150年を記念して開催した今期は、山口県萩市(第1局)と福島県会津若松市(第5局)での対局に8人の歌人が立ち会い、「150年の歴史と碁」を詠み合った。文裕と山下敬吾九段(40)の戦いを短歌で振り返る。【三岡昭博】

 てのひらのやわらかきことに驚きぬ本因坊と握手せしとき

 5月14日、萩での前夜祭。文裕と初めて対面した日本歌人クラブ会長の三枝〓之(たかゆき)さんは文裕と握手を交わし「これが本因坊の手か」と感慨を覚えたという。翌朝、初手に立ち会うと文裕の指にも引きつけられた。

この記事は有料記事です。

残り2983文字(全文3323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです