メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

明治維新・戊辰戦争150年 第73期本因坊戦を詠む 歴史、石の音に重ね

萩対局で、封じ手開封を前に1日目の盤面を再現する本因坊文裕=上入来尚撮影

 囲碁の第73期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社・日本棋院・関西棋院主催、大和証券グループ協賛)を制した本因坊文裕(29)=井山裕太九段=が18日、東京都内のホテル椿山荘東京で就位式に臨む。明治維新・戊辰戦争150年を記念して開催した今期は、山口県萩市(第1局)と福島県会津若松市(第5局)での対局に8人の歌人が立ち会い、「150年の歴史と碁」を詠み合った。文裕と山下敬吾九段(40)の戦いを短歌で振り返る。【三岡昭博】

この記事は有料記事です。

残り3113文字(全文3323文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです