メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

日本の「入れ墨(タトゥー)ノー」なぜ? 任侠映画と暴対法が転機 火消しなどに流行の時代も

8月13日に投稿されたりゅうちぇるさんの写真。左肩にタトゥーがのぞく。この後、19日の投稿が論議を呼んだ=りゅうちぇるさんのインスタグラムから

 <access>

 タレントのりゅうちぇるさんが両肩にタトゥーを入れたことを写真共有アプリ「インスタグラム」で公表し、批判が相次いだ。しかし、タトゥー(入れ墨)は古代から世界中にあり、海外のスポーツ選手でも珍しくない。現代の日本でこれほどタブー視されるのはなぜなのか、背景を探った。【和田浩幸】

 しっかりしたパパかと思っていたのに残念--。りゅうちぇるさんが8月19日、妻でタレントのぺこさんの本名と7月に生まれた息子の名前を入れたタトゥーを公表すると、そんなコメントが多く寄せられた。

 これに対し、りゅうちぇるさんは同21日の投稿で「こんなに偏見のある社会どうなんだろう。仕方ないよね…

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1249文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです